ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】

ベランダでの営巣を防ぐ

男性と女性

定期的な点検が必要

鳩という鳥は、至る所で見かける生き物です。人の生活圏で行動するため、毎日のようにその姿を捉えることになるのです。当たり前のように存在していて、気にもならない鳥ですが、時に人にとって迷惑となる場合があります。それは、マンションのベランダなどに営巣をする行為です。鳩が人の家の近くで営巣するのは、天敵の蛇やカラスなどから身を守るためとも言われています。そのため、気に入った場所には何度も巣を作ります。鳩に居座られないためには、早めの対策が必要です。鳩が巣を作りやすい窪みなどがある場合は、それを埋めてしまうことです。ベランダには防鳥ネットなども対策として有効です。しかし、防鳥ネットを用いる対策には注意も必要です。防鳥ネットは風雨に晒されるため、劣化して穴が開いたり綻びたりする場合があります。そのような時に鳩に目をつけられたら対策が逆効果になります。防鳥ネットの穴がある程度大きくなれば、鳩は遠慮なく入って来てネットの中で営巣を始めます。ネットで囲われたベランダは、天敵が入り込めない快適な営巣場所となってしまうのです。防鳥ネットを用いる場合は、ベランダに仕掛けたら終わりではなく、定期的にネットを点検する必要があります。1度でも鳩に入られてしまうと、同じ個体にしつこくマークされることになります。鳩を完全にシャットアウトするためには、幾つかの方法を併用することが効果的とされていますが、完全な撃退法が少ないことも頭に入れておくことです。

Copyright© 2018 ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】 All Rights Reserved.