ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】

迷惑な野鳥を遠ざける

鳩

営巣に不向きな環境に

鳩は、人間の生活圏に暮らし、日常的に目にする野鳥の一種です。また、平和の象徴としても知られていて、多くの人に親しまれています。しかし、その一方で、糞害など引き起こして迷惑がられています。神社や町中の広場では、鳩への餌やり禁止の看板を立てるなどの対策に追われています。さらに、マンションなどの集合住宅では、ベランダに鳩が営巣するケースが増え、住民を悩ませています。集合住宅のベランダに鳩が営巣する場合、個人ごとの対策よりも、住宅1棟全体で対策することが肝心です。1か所のベランダが鳩の対策を施したところ、営巣場所を追い出された鳩は、隣の家のベランダに移ったといいます。集合住宅の場合、営巣場所が隣の家なら良いと言う訳にはいきません。鳩の糞が撒き散らされれば、悪臭が立ち込めるだけでなく、衛生面でも問題が起こります。同じ住宅内に幼い子供さんや喘息を患っている人が暮らしていれば、その被害はさらに甚大なものになります。鳩の営巣が認められた場合は、集合住宅の自治会で早急に対応を実施することが大事です。防鳥ネットの導入や定期的な注意喚起など、継続的な対応が望まれます。そして、鳥を追い出す工夫だけでなく、営巣しにくい環境に替えていくことも重要です。建物やベランダに巣を作りやすい窪みや突起がある場合は、それらを埋めるメンテナンスも重要になります。営巣に不向きの場所と判断すれば、鳩は二度と近づかなくなります。

Copyright© 2018 ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】 All Rights Reserved.