ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】

男性と女性

ベランダでの営巣を防ぐ

鳩の営巣行為が、時に人の迷惑になる場合があります。それは、ベランダに巣作りされるケースです。ベランダへの対策としては、防鳥ネットが有効ですが、注意も必要です。せっかく仕掛けた防鳥ネットに穴が開けば、鳩が出入りして営巣してしまうことがあるからです。

鳩

迷惑な野鳥を遠ざける

鳩は身近な鳥であるため、時にその被害も深刻になります。集合住宅のベランダなどに営巣された場合は、早急に建物全体で対策する必要が生じます。鳩が営巣しやすい箇所は、早急にメンテナンスを行って、個体を近づけさせない対策も重要です。

ネズミ

早めの行動

ねずみ駆除はできるだけ早めに行うことが大事です。業者に依頼する場合、侵入経路がどのくらいあるかということや、駆除に必要な薬剤の量などによって料金が変わります。そのことからもねずみを見かけたらすぐに動く必要があります。

作業員

ネズミの被害と対策

ネズミは、家を荒らす害獣の一種です。ネズミ駆除を行う場合は、駆除業者へ依頼をしましょう。再発防止策の徹底や、死骸の処理、巣の撤退や殺菌など全てを行ってくれるので、被害を被ることなく、安全に駆除が出来ます。

家

無害に見えても実は危険

一見すると無害そうな鳩ですが、野生の鳥類なので病原菌を沢山持っていて不用意に近づくと危険です。敷地内に営巣されないように対策を講じる必要があり、特に糞の始末は出来るだけ早く行いましょう。糞の中には病原菌が含まれているので、乾燥すると粉塵化して吸い込んでしまうこともあるからです。

駆除は再発予防も考えよう

ウーマン

害獣駆除は再発予防も大切

ネズミ駆除は個体を一匹も残さず除去することが大切ですが、駆除だけではなく被害の再発予防も考慮することが大切です。駆除対象のネズミが快適に暮らせる場所は他のネズミにとっても同様に快適な場所になります。特にネズミの糞や食い残し、死骸などは他のネズミの餌になってしまうことから、ネズミ駆除は清掃も併せて行うのが被害の再発を防ぐ重要な条件です。ネズミ駆除の失敗で多いのはネズミの侵入経路を放置してしまうケースです。ネズミは壁や下水管などの破損部分から屋内に侵入します。ネズミの侵入経路には糞や体毛が残り、他のネズミには目印になります。ネズミ駆除を行う際は建物の傷んだ部分を修復するリフォーム工事も検討するのが害獣の侵入予防に必要な心得です。築年数が長い建物は経年劣化による建材の歪みが多く生じているのでネズミが侵入しやすくなっています。そのため、リフォーム工事も大掛かりになりやすいことを把握することが大切です。現在の建物は気密性が高く、一年を通して気温や湿度が安定しています。ネズミの定住や繁殖に適した環境なので、一度住み着くと完全に駆逐するまで時間がかかるのが問題です。床や壁などにネズミの匂いが付着していると駆除を終えても他の個体が引き寄せられてそのまま定住します。建材を交換する大掛かりなリフォーム工事が出来ない場合はネズミが嫌がる匂いを出す薬剤を散布するなど、新たな定住を防ぐための処置を施すのが駆除作業の効果を保つ工夫です。

Copyright© 2018 ネズミ駆除作業を依頼!【被害の再発を防ぐ重要な条件とは】 All Rights Reserved.